二代目松原操(大滝てる子改め)オフィシャルブログ

故霧島昇・松原操の三女、大滝てる子が父母の心を歌い継ぎ、懐かしき昭和を歌う
| main | アイパッドから、初めての投稿です! >>
ご挨拶

クラッシック出身の私が両親の歌を歌うようになりましてから早いもので、もう20年の歳月が流れました。
「両親の歌は両親の歌声で残っていくべき・・・」との思いから、それまで両親の歌にはふれずにおりましたが、20年前本当に自然に両親に導かれるように歌い始めることになりました。
今日まで歌い続けることが出来ましたのも、たくさんの皆様のあたたかいご支援のお蔭と、感謝の気持で一杯でございます。
心よりお礼申し上げます。
今年、両親の没後25年を迎え、菩提寺の大本山永平寺別院長谷寺において追善コンサートを開催致しましたが、その折母の名「松原操」を継がせていただくことを決心致しました。
これからは「二代目松原操」として、また新たな気持で両親の歌を大切に歌い継いで参りたいと存じます。
両親の名を汚すことのないよう、精一杯精進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

二代目松原操(大滝てる子改め)

| - | 15:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
芝崎登喜子の兄でございます。
いつも妹がお世話になり有難うございます。
昨日は川口のリリアで、懐かしい歌を素晴らしいお声で充分に楽しませて戴きました。
今後の、先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
| ippu | 2011/11/23 10:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.teruko-ohtaki.com/trackback/1
トラックバック